ブログの記事は最後まで読んでもらえない!読んでもらう方法はある?

ブログの記事は最後まで読んでもらえない!読んでもらう方法はある?

こんにちは。

セールスコピーライターの室町です。

 

ブログやメルマガの記事って、

なかなか最後までしっかりとは読みませんよね。

 

そこでこの記事では、ブログの記事を

最後まで読んでもらえる確率上げる方法を解説します。

スポンサーリンク


 

 

ブログの記事は最後まで読んでもらえない!

読んでもらう方法はある?

 

ブログ記事を最後まで読んでもらう方法

 

ほとんどの人がそうだと思いますが、

基本的には、ブログの記事は流し読みをします。

 

そして、

 

「自分に有益なブログか?」

「自分に必要な情報が書いてあるのか?」

 

などを判断します。

 

たとえ、サイトを開いたとしても、

よっぽど自分の興味を惹くことが書いてない限り、

途中でページを閉じてしまいますよね。

 

これは、まぎれもない事実です。

 

 

自分のブログやメルマガの記事を読んでくれる人は、

 

ブログを訪問してくれた人、

メルマガに申し込んでくれた人、

 

のそれぞれ、2~5%ぐらいでしょうか?

まぁ、それぐらいあったらいいほうです。^^;

 

でも、せっかく発信しているのだから、

できるだけ多くの人にブログに訪問してほしいし、

読者になってほしいですよね。

 

 

そこで、セールスコピーライターは、

セールスライティングを使って、

 

タイトルや記事の内容(コンテンツ)を工夫して、

訪問者数や読者を増やしたり、

文章の反応率を上げる努力をします。

 

 

反応率が2倍、5倍と上がれば、

単純に、読者数や収益もそれに比例して、

2倍、5倍と上がるとしたら、

 

あなたは、そのスキルを使ってみたいと思いませんか?

 

よかったら、

こちらの記事を参考にしてセールスライティングを始めてみてください。

⇒「セールスコピーライターの始め方」

 

ここまで、話してきて、

否定的な話をするのもどうかとは思いますが、

 

実際に、人間は怠惰な生き物です。

基本は、楽な方を選びます。

 

明日までに、仕上げなければいけない仕事があったら、

 

今日時間があるのに、「まぁ、明日でいいか」

と、ついつい後回しにしてしまいます。

 

そうじゃない人もいますが、

基本は面倒なことが嫌いなんですね。

 

 

いくらセールスライティングを駆使して

反応率をあげようとしても、

 

さっきも言いましたが、

よほど興味の惹くことが書いてない限り、

 

「ブログを最後まで読むのは面倒だ」

なんて思われるほうが、むしろ自然なことです。

 

 

そんな事実があるにもかかわらず、

ブログに訪問してくれて、

記事を最後まで読んでもらえるということは、

 

凄いことですし、大変ありがたいことです。

 

だから、

ぼくたち、セールスライターはその貴重な数パーセントの人に

 

自分の知っている知識を全力で伝えることで、

その人たちに応えないといけません。

 

また、逆の事が言えます。

 

その数パーセントの人に確実に伝えることこそが、

セールスコピーライティングです。

 

多くの人に伝える文章を書く必要はないのです。

 

もし、より多くの人に伝えようと、

そのような文章を書くと、

 

人が求めていることは人それぞれ違うので、

 

誰に向かって書いているのかが

分かりにくい文章になり、主張が弱くなります。

 

また、そういう文章を書いてしまうと、

本来、読んでほしい読者(ターゲット)さえも、

読んでくれなくなります。

 

スポンサーリンク


 

 

 

これは、「ペルソナ」という考え方です。

 

ブログの記事は最後まで読んでもらえない!

読んでもらう方法はある?

 

「ペルソナ」とは

 

自分の売りたい商品を欲しいと思うであろう人、

もしくは、自分の記事を読んでほしい人を1人だけ想定して、

 

その人の悩みや欲求をより深く理解して、

その1人の人に向かって記事を書くという方法です。

 

そうすることで、

読んでくれる人は少なくなるかもしれませんが、

その少人数の人の欲求を確実に刺激できる文章が書けたり、

 

その人たちに言いたいことが伝わる文章になるのです。

 

 

また、「ペルソナ」を使った文章は、

はっきりとした主張の文章になるので、

 

かえって、ターゲット以外の読者にも反応が良かったりします。

 

 

読者は、主張がはっきりしない文章よりも、

自分の求めているものとは少し違うけれど、

 

主張のはっきりした刺激的な文章をむしろ好みます。

 

 

いずれにしても、読んでもらえることは

ありがたいことです。

 

自分の持っている知識や情報を

読んでもらえる人がたとえ少人数だとしても、

全力で伝えていくことが大切です。

 

 

読者への「価値提供」の積み重ねが、

いずれは、読者からの「信頼」になっていきます。

 

また、その小さな「信頼」の積み重ねが、

やがて大きな「信頼」になっていき、

 

より大きなオファーをしても

行動してもらえるようになっていくのです。

 

 

「信頼してもらっている読者の為に、価値がある知識や情報を提供する」

「1人の読者の為に記事を書く」

という意識を常に持ち記事を書くことが大切です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

室町諭

 

スポンサーリンク



 

☆ブラックフライデーって知ってますか?

ブラックフライデーと消費者の購買心理について説明します。

⇒「ブラックフライデーとセールスライティング」

 

 

☆セールスコピーライティングに役に立つ本厳選しました。

どれも重要な本ですが、

もし勉強するなら、いっぱい買いこむ必要はないので、

1冊づつ読んでしっかりと自分の知識にしてください。

⇒「これだけは読んでおきたいセールスコピーライターの本」