Webで集客する方法ーキャンプファイヤー

Webで集客する方法ーキャンプファイヤー

質問です。

あなたはキャンプファイヤーをしたことがありますか?

 

「虫が嫌いだからキャンプはイヤ!」という人もいるでしょうが、

枝や木を燃やして火をおこすと、自然と周りをみんなが集い

火を見ていると暖かい気持ちになってきます。

そして会話が生まれ、なぜか仲間意識も生まれる場所…

それがキャンプファイヤーのいいところだと思います。

 

このキャンプファイアーの作業のステップをWebコンテンツを作る時に使うと、

なんと!集客が出来てしまうそうなのです。

 

そのステップについてこれから説明しますので、

「Webサイトで情報発信しているけれどなかなかお客さんが集まらない」

「イマイチ反応が薄い」

と思っている方は、手順に抜かりがないか確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



 

 

キャンプファイヤーの火をおこす手順

 

 

まず、キャンプファイヤーで火をおこす手順を思い浮かべて見てください。

 

1.簡単に火が付きそうな小枝(火口)を中心に積み重ねる

2.その小枝をもう少し太めの枝で円錐状に取り囲む

その時、空気が入るように隙間を空けて取り囲むようにする

3.数か所に火をつけ、ゆっくりと火を大きくしていく

*すぐに火が大きくなり過ぎるとその分早く燃え尽きるてしまうので、

ゆっくりと大きくなるようにする

4.火が安定したら、大きい木を入れる

*ここから先はあまり手を掛けなくても大丈夫になる

5.時々木の位置を変えたり、継ぎ足したりして安定を保つ

 

以上がキャンプファイヤーで火をおこすだいたいの手順です。

これをサイト構築の手順に当てはめてみましょう。

上の*印はサイトを作る上でも同じことが言えます。

 

コンテンツを作ってみよう

 

 

コンテンツでキャンプファイヤーをする目的は

人を集めてなるべく長く留まってもらえるようなコミュニティー作りです。

あなたのおこしたキャンプファイヤーに集まってくる人を歓迎し、

なるべく長く留まってもらえるようにしましょう。

そうすることで、人が人を呼びコミュニティーが出来上がってきます。

 

さて、そうなる為の最初にすることですが、

まずは、小枝集めからです。

Webサイト、SNS、動画、同業者、Googleキーワードなどから

火が付きやすそうなコンテンツを集めて自分のサイトに使いましょう。

*この時他のサイトの記事をコピペなんかしてはいけません。

著作権違反になりますので論外です。

知り得た知識は自分の言葉で書きましょう。

 

自分のサイトのコンセプトに合っていて、

尚且つ、見た人がシェアしたくなるようなコンテンツ、

その人の役に立つであろうコンテンツを

小枝としてサイトに設置していきます。

 

火を絶やさないようにする

 

 

火がついて燃え始めると、その火を大きくしていきます。

あなたのサイトを知った人のうち、

何人かは幾度か再訪してくれるようになります。

その人たちを大切にするためには、

優れたコンテンツを送り続けることが必要です。

 

それを続けていくと、どんどん火が大きく成長し、

訪問する人がサイトに親しみを感じるようになり、

コミュニティー意識が生まれてきます。

 

火を大きくしていく過程で、急に大きくなりすぎると

消えてしまうのもその分早くなります。

少しずつ大きくすることで、火もサイトの訪問者数も安定します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

コミュニティーの生成

 

 

ファンクラブのようなコミュニティーを作りましょう。

これは多くの人に対して門を開くのではなく、

本当にあなたやあなたの会社に親しみを感じてもらっている人だけの

コミュニティーにするのがいいでしょう。

 

メンバーを限定しブランディングすることは、

コミュニティーのメンバーにしてみれば、

あなたやあなたの会社に対してよりロイヤリティーを

感じることになります。

またメンバー以外の人の中には「メンバーに入りたい」と

強く願う人も出てくるはずです。

 

これで終わりではない

 

火を絶やしてはなりません。

コミュニティーが出来たとしても、それを維持し大きくしていく為には

サイトに幾度となく戻ってきてもらう必要があります。

その為のコンテンツは定期的に発信し続けましょう。

ただし、常に目新しく興味が湧いてきそうなものであるべきです。

 

熱い思い

 

 

キャンプファイヤーをしていると、心が暖かくなってくるのを感じます。

そして心を少し開けることでコミュニティー意識が生まれやすくなります。

このことはサイトも同じです。

 

ぼくは昔、セールスをしていましたが、

商品説明やプレゼンテーションが上手くできたからと言って、

必ずしもその商品が売れるとは限りませんでした。

むしろ、熱い思いで一生懸命説明した時のほうが、

かえって売れたという記憶があります。

 

売れる売れないは別としても、

熱い思いは相手に伝わるのではないでしょうか?

 

今回ご紹介した内容をもっと詳しく知りたい方や

本気でお客さんを集めたいと思っている方は

こちらをご覧ください↓

お客が集まるオンラインコンテンツの作り方

 

室町諭

 

 

スポンサーリンク