人を魅了する方法。売り上げはこれでアップする

人を魅了する方法。売り上げはこれでアップする

断ることが困難なほど魅了する

 

当然のことですが、お客さんにいくら買って欲しくても、

買うかどうかを決めるのはお客さん自身です。

 

無理強いは出来ませんし、

もし無理をして買ってもらったとしても、

お客さんは後で後悔するかもしれません。

 

その場合、クレームになるかもしれませんし、

一番最悪なのは、黙って去られることです。

そういうお客さんは、

もう二度と自社の商品を買ってくれません。

 

そのような状況になるのは避けなければいけません。

お客さんには無理強いをさせず、

お客さんが自らすすんで「買う」という決断をしてもらう。

これが理想的な形です。

 

でもどうやったらそんなことが出来るのでしょうか?

魔法みたいなものを使うのでしょうか?

そうなんです。

実はある意味、その方法は魔法みたいな方法です。

なにせ、お客さんは自分が気が付かないうちに魅了され、

商品が欲しくてどうしようもなくなるのです。

 

その方法とは、

「セールスコピー(ランディングページ) + 物語」です。

 

セールスコピーはお客さんを、商品を購入する場所まで

連れて行くことが出来ます。

そこで、「どうしても欲しい」「買おう!」

と最終的に決断してもらうために、

強力な武器となるのが「物語」です。

 

スポンサーリンク



 

「物語」の効果

小説か映画、または動画配信など、何でもいいのですが、

その物語に没頭して、いつの間にか時間が経つのも忘れていた。

そんな経験をしたことはありませんか?

 

もし経験があるのなら、あなたが経験したように、

優れた「物語」には人を魅了し夢中にさせる力があります。

 

そしてもちろん、それらは多くの場合、

相手が気が付かないうちに魅了されるように

計算されて作られています。

 

「物語」の使い方

1.実例、体験談

 

お客さんの体験談などをアンケートなどで聞き、

実際の物語として使います。

 

<困った状況>→<経過、行動したこと>→<結果、効果>

この順番に話をすると読んでもらえます。

 

アンケートやインタビューでも同じ内容の質問をします。

例えば、どんなことで困っていたのか?何が悩みだったのか?

それを解決する為にどんな行動をとったのか?

その中で見つけたことは何か?

結果はどうなったか?今はどんな暮らしをしているのか?

等の質問をすると物語にする為にネタが取れます。

 

ここで重要なことは、

何がどのように実践されたか?

どのような結果が得られたか?

その結果今はどんな暮らしが実現できたのか?

など、結果を出来るだけ具体的に伝えることです。

 

スポンサーリンク



 

2.自分の話、実話

 

自分の経験。自分の身に実際に起こったことと、

どうしたら解決できたかとその結果どうなったかなど。

もし自分に経験がない場合は、誰かの実話なら使えます。

実際にあった話は人を惹きつけるだけでなく、

説得力もあります。

 

3.お客さんが自分の未来を描く物語

 

お客さんのメリットだけではなく、

より具体的に、お客さんの人生がどのように変化するのかを説明し、

お客さんの頭の中にイメージを描かせることが出来れば成功です。

 

信じられないかもしれませんが、

実際、想像したことは現実になりやすいのです。

⇩ ⇩ ⇩

強く想像したことは未来で現実になる

 

物語の形

 

物語には、のめり込ませる為の基本的な形があります。

それが「ストーリーフォーミュラ」と呼ばれるものです。

多くの物語はこの形にそって作られています。

 

だいたいの物語の流れは下の通りです。

日常生活をしている主人公 → 冒険に出会うが躊躇する

→ メンターとの出会い → 冒険に出て試練を乗り越える

→ 最大の試練が訪れる → 試練を乗り越え報酬を得る

→ 一度死ぬか立ち直れないような状態になる

→ 復活し経験から自分を変える

→ 成功し、大きな宝を持って帰還する

物語を作るのに、この形通りにきっちり当てはめる必要はありません。

基本の形を知っておいて、必要に応じて変化させることが必要です。

 

セールスライティングを学びたいならこちら

⇩ ⇩ ⇩

ストップ!「給料が上がらない」「希望が見えない」そんな生活はもう止めましょう

 

お客さんと長く付き合う方法

せっかく知りあえたお客さんなら、

出来れば、長く付きあってもらいたいですよね。

そうするために効果があるのが、

「小さな信頼を積み重ねる」という方法です。

 

人は実現できるかどうか分からない大きな約束より、

たとえ小さな約束でも確実に信頼できるのであれば、

そちらを選びます。

 

つまり、お客さんに対して、

実現できるかどうか分からないようなことを約束するよりも、

たとえ小さく思えることでも、

確実に実現できることを約束するほうが

信用してもらいやすいということです。

 

例えば、

「この講座で勉強すれば、あなたは1年後に億万長者になっています」

よりも、

「この講座で勉強し実践すれば、あなたは3か月後には

毎月少なくとも1万円の収入が入ってくるようになります」

のほうが信頼性が高くなります。

 

小さな約束を実現させ、

それを少しずつ積み重ねていくことで、

信頼性が強固になっていきます。

やがて大きな契約に発展するかもしれません。

 

スポンサーリンク