売れるデジタルコンテンツを作る方法

売れるデジタルコンテンツを作る方法

誰がお客さんなのか?

 

あなたの顧客は何人いますか?

もし既にたくさんいるのなら、「売れる商品」を作る為には注意が必要です。

 

どういうことでしょうか?

例えば、あなたは新しい新商品のアイデアが浮かんだとします。

あなたは「これならAさんが気に入るに違いない」と思い、

早速作り始めました。

 

しかし、作り始めるとすぐに

「こんな特徴も付ければBさんの要望にも答えられるな」

「そういやあ、Cさんがこんなのあったらいいなと言ってたな」

と…結局あれもこれも付け足して、

いろいろなメリットをもった商品が完成しました。

 

さて、はたして売れるでしょうか?

答えは「売れません」です。

 

この商品は一見するといろいろなメリットがある力作に

見えるかもしれませんが、

人は自分のニーズに合った特徴が1つぐらい入っていても、

他のメリットが要らなかったり、邪魔なものだったら、

自分の為の「パーソナルな商品」とは判断しません。

結果としてその商品に魅力を感じないのです。

 

ではどうすればいいのでしょう?

それは、「たった一人の為の商品」を作るということです。

そのほうがより価値のある物が作れて、

その顧客一人だけでなく他の顧客の反応も確実に良くなります。

 

もし他の顧客の為にも作りたかったら、

その顧客向けに新しい商品を作ればいいのです。

 

 

スポンサーリンク



 

「売れる商品」を理解する

 

 

ひょっとしたら、あなたの商品は顧客の目指す状態へたどり着くことを

阻害しているのかもしれません。

 

自分の専門知識やノウハウ、またはスキルなどが詰まった商品を作れば、

「きっと売れる」と考える人は多いのではないでしょうか?

だけど、残念ながら世の中そんなに甘くはありません。

 

そう考える人の知識は豊富なのかもしれませんが、

ビジネスとしての考え方は間違っています。

確かに売れる商品も中にはあるでしょう。

だけど、そもそもの目線が違うのです。

 

いくら自分の技術を結集して作り上げたものであったとしても、

売れるとは限りません。

またそんな発想から出来た商品では、たとえ売れたとしても

顧客に本当の満足を提供することは出来ないかもしれません。

 

世の中で売れているのは、顧客が欲しいと思った商品だけです。

売り手が作って満足した商品では決してありません。

 

売れるものは「作り手目線」ではなく、

「顧客目線」で作られた商品です。

 

 

スポンサーリンク



 

信頼関係を築く

 

顧客目線で顧客のように考え、

その中で自分が顧客の為に提供できる商品を見つけましょう。

 

あなたはどっち?

1.3ヶ月先に1,000万円儲かるかもしれません。

2.3ヶ月先に100%5万円儲かります。

あなたならどちらを選びますか?

 

1は儲けは大きいけど、実現できるかどうか分からない約束です。

2は儲けは少ないけど、100%実現できる約束です。

大抵の人は2を選びます。

儲けは少なくても確実なほうを人は選ぶものです。

 

このことをあなたの商品に活用すると、

顧客に約束できることのヒントになりますよね。

つまり、実現できるかどうか分からない大きな夢より、

小さくても確実に実現できることを約束するほうが

効果があるということです。

 

そしてたとえ小さくても、

確実に顧客の為に実現できていることは、少しずつ積み重なって、

大きな信頼関係を築くことができるようになります。

それはやがて、より大きな形で

あなたに返ってくることは間違いありません。

 

最強のビジネススキル

どんな世の中になっても最も稼げるビジネスのスキル、

あなたは何だと思いますか?

 

それは、「共感」です。

顧客目線で商品を作るという話をしましたが、

ビジネスは全て顧客への共感と相互の信頼関係で成り立っています。

信頼できない人からは物は買わないでしょうし、

信頼できない商品も買いたくないはずです。

 

顧客との信頼関係を築く上で、コミュニケーションは大切な要素です。

出来れば顧客の本音を聞くようにしましょう。

今困っていることは何か?何を解決したいのか?

どうなったら嬉しいのか?顧客の理想の未来とはどんなものか?

 

実は、これらがあなたの商品が表現するべきものです。

 

売り上げを上げる方法と簡単なシステムを管理する数式

Webで集客する方法ーキャンプファイヤー

 

室町諭

 

 

スポンサーリンク