ウェブライティング戦略。サイト記事の作り方

ウェブライティング戦略。サイト記事の作り方

ズッコイ?方法

 

「商品は売りたいけど…書く気がない」

という人は売る術はないのか?

 

いえいえ、そんな人にはちょっとズッコイ方法があります。

 

Webで記事を書き発信することは、

ブログやサイトのアクセスやフォロワーを増やし、

育てるためには避けては通れないことです。

 

もちろん、Webだけではなく、

広告などの紙媒体でも同じです。

 

しかし、相手にいろいろな価値を伝えようとすると

それなりの文章を書く必要もあるので、

いきなりそういった文章が書けるわけではありません。

 

もしあなたが売りたいものはあるけれど、

記事を書くのは苦手だし

「書く練習をする手間もかけたくない」と言うのなら、

外注やクラウドソーシングなどに頼むという方法があります。

 

ちなみにズッコイと言いましたが、決してズッコくないです。^^

あくまで目的はあなたの商品やサービスを売ることですから、

手っ取り早く売りたい、その為の必要経費と考えれば、

非常に効率がいい方法です。

 

文字単価も1円以下で書いてくれるライターさんは

たくさんおられますし、経費としても安価で済みます。

 

もし信頼関係や手続きなどで、

個人どうしで契約を結ぶのに不安があるのなら、

クラウドソーシングを利用すると

そこに登録しているライターも多くいて、

契約なども比較的安心して業務委託が出来ます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

記事は自分で書いてやる!

 

 

「他人の力を借りずに自分で書く」

「自分の言いたいことを発信するんだ」

という人に、記事を書く流れを説明しておきます。

 

この項目を順番に1つ1つクリアしていくと

記事を書くのがちょっと苦手な人でも、

比較的スムーズにサイトなどの記事が書けるはずです。

 

1.サイトのテーマを決める

2.書き出す前にカテゴリー分けをしておく

3.カテゴリーごとにいくつか書きたい記事を決めておく

(それぞれにタイトルを仮決めしておく)

4.記事を書く

(読者が読みたくなるようなタイトルを決める)

5.記事を発信、拡散する

 

1.サイトのテーマを決める

 

「何について書くか」というサイトの一番大きなテーマを決めましょう。

これは、あなたの人生で今まで経験したことや知識、

または興味があること、調べてみたいこと、

などであなたが書けるテーマ、書きたいテーマを決めます。

 

2.書き出す前にカテゴリー分けをしておく

 

サイトの構成をあらかじめ決めておきます。

もちろん後から変更していきますが、

サイトの大きなテーマにそった中テーマを

カテゴリー分けしておきます。

 

3.カテゴリーごとにいくつか書きたい記事を決めておく

(それぞれにタイトルを仮決めしておく)

 

 

 

 

予め各カテゴリーに書きたい記事を

何について書くかという仮のタイトルを下書きしておくことで、

計画的にサイトを構成し、記事を書きやすくすることが出来ます。

 

各カテゴリー内になるべく多くの記事を下書きしておき、

記事を書きだしいろいろと配信していても、

下書きをストックしておくことは「ネタ切れ」を防ぐことになるので、

常日頃から、こまめにストックしておくことをお勧めします。

 

4.記事を書く

(読者が読みたくなるようなタイトルを決める)

 

その時に決めた記事のタイトルは、

実際に記事を書くときには、

読者が内容を読みたくなるようなタイトルに変えることが必要です。

記事の書き方はこちらを参考にしてください↓

ブログのアクセスアップのための記事の書き方8ステップ

 

 

5.記事を発信、拡散する

 

記事が書けたらWebなどで公開し、SNSなどで拡散します。

なるべく多くの顧客の目に触れるようにしていきます。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

まとめ

 

さて、あなたは

「自分で書くのは結構大変だな」と思いましたか?

 

個人差はありますが、

最初のうちは誰もが慣れない作業です。

 

頭をひねり少ない文章術を総動員して

尚且つそれなりの時間を費やして、

1記事書くのにも「やっと書けた」と思うのは普通のことです。

 

それも苦労して書いたのにしばらくたって後で見返してみると

読むのが恥ずかしいくらいグダグダな内容のハズです。

 

でもそれでいいのです。

早くスタートしたあなたの行動は大正解なのです。

 

「ちょっと知識を頭に入れてからのほうがいいか…」と思って、

すぐにスタートすることを躊躇して、

後から遅れてスタートしたとしても、

今とあまり変わり映えしない文章しか書けないのは

分かっているはずです。

 

ならば、一刻も早くスタートして書くことに早くなれたほうが、

良いに決まっていますよね。

 

実際、下手でも何でもいいから早くスタートした人が

成功しています。

 

なので、今回あなたにお伝えする成功の秘訣は、

「つべこべ言わずに書け!」です。

 

タイトルの決め方、記事の書き方など

強力なスキルを知りたい人はこちら↓

ブログの書き方と収益化を教えます

 

室町諭

 

 

スポンサーリンク