あなたは事業を成功させるのにこんな間違いをしていませんか?

あなたは事業を成功させるのにこんな間違いをしていませんか?

プロジェクトの準備は念入りに?

 

「新しいプロジェクトを成功する為には

準備にたっぷり時間をかけなくては!」と、思っていませんか?

 

そう思っているとしたら、

「ターゲティング、ポジショニング、ブランディングなど、

マーケティングはしっかりしよう!」と思いますよね。

 

「商品や競合、マーケットなど、リサーチもとことんやらなきゃ」

などとも、思いますよね。

 

それからそれから…

準備はすればするほど、次から次へと

「やるべきだ」と思えることが出てくるものです。

 

「どれだけ準備してもやり足らない」

「これで準備万端だろうか?」

と、不安ばかりがつのることもあるでしょう。

 

ただ、たとえ「もうこれ以上やることがない」と思うまで、

準備が出来たとしても、

必ず後から修正や改善をするべきことは出てきます。

 

それにあれやこれや準備ばかりしているうちに、

競合はとっくに商品を売りまくって、

あなたより何歩も先を行っているかもしれません。

 

あなたがマーケットに参戦するころには、

既に強力な競合だらけになっているかもしれませんし、

そんな市場で新参者が勝負するには大変な努力が必要です。

よっぽど魅力的なオファーが必要になるでしょう。

 

 

スポンサーリンク



 

行動できない2つの理由

 

 

マーケティングなどの準備期間は収益はゼロです。

どれだけ極めようとも収益はゼロです。

売り上げが欲しかったら、準備は最低限で切り上げて

行動に移すことが大切になります。

 

しかしながら、いろいろと考えるだけで、

なかなか行動に移せない人もいます。

言い換えれば、「見切り発車」ができない人です。

そういった人には2つのタイプがあります。

 

1つ目のタイプは、自分に自信がないから行動に移せない人。

2つ目は、単に心配性で、”石橋を叩いて渡る”タイプです。

 

最初のタイプは、

「自分なんかじゃできないんじゃないか」と考えてしまいます。

多くの人はこの思考傾向があり、自分を過小評価、

もしくは自分の経験や能力の価値を見誤っているのかもしれません。

 

考えているだけでは何も始まりません。

とにかく行動に移すことをルーティンワークにしましょう。

 

2つ目のタイプは、

単に慎重な人ですが、そう思っている人の中には

本当は自信がないから行動に移せない人もいるようです。

 

 

スポンサーリンク



 

見切り発車が成功する?

 

 

こんなことを言ったら誤解があるかもしれませんが、

成功している経営者は見切り発車が得意です。

 

ただこのことは、「マーケティングは要らない、見切り発車しましょう」

と言っているわけではありません。

 

最低限のマーケティングは必要なのは明らかです。

それは、販売する顧客層を決めることや競合調査など

マーケットの調査の結果次第で、

オファーや売り方が全く変わってくるからです。

 

効率よく売り上げを上げる為には

最低限のマーケティングは必要です。

 

しかし、マーケティングなど事前対策は

やりだすとキリがありません。

いつでも終了に出来ますが、

反対にやろうと思えばいつまでも続けることも出来ます。

 

なので、下準備は必要最低限行い、

なるべく早急に実売や実行に移ることが重要です。

 

見切り発車が出来る経営者は、

自分で思いついたり他人の意見を聞いて

「それいいな」と思ったら、最短で具現化しようとします。

 

そして、たとえそれが困難だとしても、

なんとかしてできる方法を探ります。

そうすることがライバルに打ち勝ち

成功を収める秘訣だと知っているのです。

 

なかにはそんな意識もせず、自然にそうしているような

天性の才能がある人もいます。

 

それに実際に、見切り発車をしようがしまいが、

どちらにしても修正箇所は後から出てきます。

なので、どうせ何かしら出てくるのだから、

修正はその時にすればいいのです。

 

また、やってみて効果がなかったりしたら、

傷口が広がらないうちに見切ることも出来ます。

その見極めと撤収の速さも大切になるのですが、

行動の早い人は修正や撤収の行動も早いものです。

 

ネット集客はこちら↓

ネットで集客、売り上げを何倍にもする方法

 

 

スポンサーリンク